リセールライトビジネス・メンバーシップ

今まさにブレイク寸前のリセールライトビジネスに必要なアイテムと知識をお届けします。

英語圏で一大ジャンルに成長したリセールライトビジネスは2年前に日本に上陸しました。

英語圏では新しいマーケティングが日々研究され実践されています。その中で現在注目され、多くのマーケターが実践して効果を出しているのがヴァイラルマーケティングです。

そして、ヴァイラルマーケティングを実行するために、リセールライトという考えかたが生まれました。

英語圏でも、膨大なリストを持つ先行者が利益を独占し、後発組はトップマーケターになかなかなれませんでした。今の日本の状況とよく似ています。

そこへリセールライトの考え方を元にヴァイラルマーケティングが登場しました。詳しいことはメンバーズサイトでご覧になれますが、後発組でもトップマーケターになれる強力なマーケティング法です。

ネットビジネスでは「放りっぱなしで儲かる」「たった3ヶ月で***万円」など威勢のいいキャッチが並んでいますが、これらのビジネスはいつまで儲けることができるのでしょうか?

日本でもネットビジネスの環境は年々厳しくなっています。

SEOに頼ったマーケティングは検索エンジンのアルゴリズムが少し変化しただけで大打撃を受けます。

メールを使ったマーケティングはスパムメール対策が厳しくなり、迷惑メールと判断されれば、フォルダーに送られ読まずに削除されます。

また、フリーメールを利用する人も増えたので、オプトインリストを構築してもそのアドレスがなくなることも多くなっています。

この状況で、メールを送ってアフィリエイトというマーケティングは一生あなたに利益をもたらしてくれるでしょうか?

これら一般的に知られて利用されているマーケティングと異なる強力なマーケティングがヴァイラルマーケティングであり、ヴァイラルマーケティングはリセールライト無しでは成り立たないのです。

リセールライトビジネスでも、他の商品を販売するにしても、孫子の代まで利益をもたらすようなしっかりしたビジネスを構築するには、ヴァイラルマーケティングしかありません。

当サイトではメンバーに参加していただいた時に、36タイトル38本(35万円相当)のリセールライトつきアイテムをプレゼントしていますが、単におまけとしてつけているのではありません。 リセールライトつきアイテムを多量に持っていただくことで、すぐにでもヴァイラルマーケティングを実行していただきたいからです。

プレゼントをよく吟味し、どんなところにどう使うか戦略を立て、効果的に利用してください。

英語圏より5年は遅れているといわれる日本では、リセールライトビジネスは今まさに成長初期にあたります。そして、どんなビジネスもみんなが知る前に動いたものが、有利な位置を占めることができます。

情報起業がすでに成熟期にある日本で、次に大きく伸びるビジネスはリセールライトビジネスであり、ビジネスを大きく成長させるのはヴァイラルマーケティングです。

リセールライトビジネス・メンバーシップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。